What causes the seasonal allergic symptoms in Japan ? Many Japanese people suffer from hay fever-like symptoms and Momii sensei introduces a small discovery of one of the causes in Hokkaido.Read about the details of this Japanese health hazard and listen to the Japanese reading on the YouTube to learn Japanese online better with this Japanese language blog.

ちょっとした発見
A small discovery

momii

By MOMII Shigefumi

allergic symptoms

この10年くらい季節的なアレルギー症状に悩まされてきました。 5月頃と11月頃の年2回花粉症と同じ症状が出ます。検査の結果:ハウスダストやある種の植物が原因になっているとのことでしたが、なぜ年2回なのかなど、詳しく調べるには相当の時間と費用がかかりそうです。ところが、昨年11月、3日ほど雨が続いた時、急に症状が治まったことに気がつきました。

そこで、「原因は乾燥にある」との仮説を立てて、乾燥対策を実行することにしました。
①極力窓を開けて外気を入れる
②夜は必ず加湿器を焚く
③鼻・のどの乾燥を防ぐため、うつ伏せに寝る、の三つです。

その結果その後アレルギー症状が出ないまま、春を迎えることができました。 ②と③の対策は現在も続けています。考えてみますと、北国の北海道に住むわれわれにとって、暖房を入れ始める11月と雪がなくなる5月は、乾燥による健康被害が出てもおかしくない時期のような気がします。

例年であれば、今月下旬には、くしゃみ・はなみずの症状が出始めます。果たして、乗り越えられるか。私自身興味津々です。

To listen to this blog, please watch our Youtube video.

ちょっとした発見(はっけん)

この10年(ねん)くらい季節的(きせつてき)なアレルギー症状(しょうじょう) に悩(なや)まされてき ました。5月頃(がつごろ)と11月頃(がつごろ)の年(ねん)2回(かい)花 粉症(かふんしょう)と同(おな)じ症 状(しょうじょう)が出(で)ます。 検査(けんさ)の結果(けっか):ハウスダストやあ る種(しゅ)の植物(しょくぶつ)が原因(げんいん)になっているとのことでしたが、なぜ年(ねん)2回(かい)なのかなど、詳 (くわ)しく調(しら)べるには相当(そうとう)の時間(じかん)と費用(ひよ う)がかかりそうです。 ところが、昨年(さくねん)11月(がつ)、3日(みっか)ほど雨(あめ)が続 (つづ)いた時(とき)、急(きゅう)に症状(しょうじょう)が治 (おさ)まったことに気(き)がつきました。

そこで、「原因(げんいん)は乾燥(かんそう)にある」との仮説(かせつ)を立(た)てて、乾燥対策(かんそう たいさく)を実行(じっこう)することにしました。
①極力(きょくりょく)窓 (まど)を開(あ)けて外気(がいき)を入(い)れる
②夜(よる)は必(かなら)ず加湿器(かしつき)を焚 (た)く
③鼻(はな)・のどの乾燥(かんそう)を防(ふせ)ぐため、う つ伏(ぶ)せに寝(ね)る、 の三つです。

その結果(けっか)その後(ご)アレルギー症状(しょうじょう)が出(で)ないまま、春(はる)を迎(むか)えることができました。②と③の対策(たいさく)は現在(げんざい)も続(つづ)けています。考(かんが)えてみますと、北国(きたぐ に)の北海道(ほっかいどう)に住(す)むわれわれにとって、暖房(だんぼう)を 入(い)れ始(はじ)める11月(がつ)と雪(ゆき)がなくなる5月(がつ)は、 乾燥(かんそう)による健 康被害(けんこうひがい)が 出(で)てもおかしくない時期(じき)のような気(き)がします。

例年(れいねん)であれば、今月(今月)下旬(げじゅん)には、く しゃみ・はなみずの症状(しょうじょう)が出始(では じ)めます。果(は)たして、乗 (の)り越(こ)えられるか。私自身(わたくしじしん)興味津々(きょうみしんしん)で す。

A small discovery

During these last 10 years, I have been bothered by seasonal allergic symptoms. Twice a year, around the month of May and around November, I get symptoms identical to hay fever. Results from examinations showed that house dust and certain types of plants were the cause, but a detailed investigation to explain why the symptoms occurred twice a year would cost quite a lot of expense and take quite a lot of time. However, on around November 3rd last year after a period of continued rain, I suddenly felt as though the symptoms had gone away.

This led me to form a hypothesis that, 'the cause was dryness', and I decided to implement these three counter-measures against dryness.
①I opened the windows as much as possible to let in fresh air.
②I made it a rule to always switch on the humidifier at night.
③To prevent my nose and throat I slept lying on my stomach.

The result was that after this, I was able to welcome spring in without getting allergic symptoms. I am currently continuing the second and third counter-measures even today. When I come to think of it, I realized that for those of us living in Hokkaido, it wouldn't be a strange thing for health hazards caused by dryness to occur during the period between November, when we start to use the heating, and May when the snows go away.

If this was an average year, sneezing and runny nose symptoms should be starting to appear at the end of this month. Will I really be able to overcome it this time ? I myself, am really interested to find out.

途中(とちゅう)で:halfway

質(しつ)のいい:good (quality)

睡眠(すいみん)をとる:sleep

呼吸(こきゅう)する:breathe

交感神経(こうかんしんけい):the sympathetic nerve

副交感神経(ふくこうかんしんけい):parasympathetic nerve

ぐっすり眠(ねむ)る:sleep soundly/sleep like a log [top]

すっきりと:feel [be] refreshed; feel fine

活動的(かつどうてき):active

飽(あ)きっぽい:erratic;fickle

できるだけ:as much as possible

Start 3 Trial FlexLessons for only $9 !green

Almost 3000 Japanese learners since 2006 have studied at JOI !

OKProfessional Japanese teachers
OKReliable classroom (Windows,Mac,Linux,iPad,Android compatible)
OK18 Different of levels of classes (Conversation,Grammer,JLPT,Kanji etc)
OKFree chat events, Free video quizzes, Free audio and video blog