Blogs edited and submitted by Chiho Kamioka

JOI Support staff and manager.

  • Categories
    Categories Displays a list of categories from this blog.

Chilled email(?)

Posted by on in Japanese language
  • Font size: Larger Smaller
  • Hits: 179
  • 0 Comments
  • Subscribe to this entry
  • Print

Writing emails in Japanese

With emails becoming the most used form of business communication, it is important to learn how to write emails in Japanese properly. There is a course that you can take at JOI that teaches business Japanese and also how to write a business email.

But this blog is a funny look at how people can make mistakes when writing Japanese. The computer Kanji covert feature can lead to many typos and unintended sentences.

Read this funny blog by Ueno sensei to learn more about common mistakes in Kanji, hiragana and katakana when writing emails. You can listen to the blog on the YouTube video too.

悪寒メール
Chilled email(?)

ueno

By UENO Akari

okan-email

 みなさんは、日本語でメールを打つことがありますか。わたしは毎日メールを打つ機会がありますが、疲れている時は特に気をつけています。ぼんやりしていると、違う漢字に変換されたり、文字を打ち間違えたままメールを出してしまうことがあるからです。このようなメールについて、ちょっと調(しら)べてみました。

 ・「よい終末を!」
本当は、(よい週末を!)と打ちたかったんでしょうね。
他にも、
・「これから、紙切ります/噛み切ります」(これから、髪切ります)
・「しいたけ、夜祭室にあるからね」(しいたけ、野菜室にあるからね)
・「大学卒業したら、一緒に相撲」(大学卒業したら、一緒に住もう
・「添付の死霊をご確認ください」(添付の資料をご確認ください)
・「今、どこにいる?」「イマジンじゃ」(今、神社

 これらは、実際にあったという漢字の変換ミスによる間違いです。ひらがな・カタカナ・漢字を使う日本語ならではの間違いですね。

・「朝食、シリアスにする?」(朝食、シリアルにする?)
・「あと少しどつくよ」(あと少しで着くよ)
・「待ち合わせ場所は洗濯機」(待ち合わせ場所はケンタッキー(フライドチキン)の店)
・「最後に、まじん切りした万能ネギをのせて出来上がり」
(最後に、みじん切りした万能ネギをのせて出来上がり)

これらは打ち間違いに気づかないまま送信した文章だそうです。思わず笑ってしまいますね。

こうした間違いは、調べるとたくさん出てきます。中でも、メールに慣れていない世代のお母さんたち、おかんが打つ「おかんメール」は、本になって出版までされています。今日取り上げたものの多くは、「おかんメール」からで、他にもいろいろなおもしろいメールが紹介されています。

わたしも、「おかんメール」と打ったつもりが、「悪寒メール」と変換されてしまいました。おもしろいので、このブログのタイトルにしました。みなさんも日本語でメールを打つ時は気をつけてくださいね!

To listen to this blog, please watch our Youtube video.

悪寒(おかん)メール

 みなさんは、日本語(にほんご)でメールを打(う)つことがありますか。 わたしは毎日(まいにち)メールを打(う)つ機会(きかい)がありますが、疲(つか)れている時(とき)は特(とく)に気(き)をつけています。ぼんやりしていると、違(ちが)う漢字(かんじ)に変換(へんかん)されたり、文字(もじ)を打(う)ち間違(まちが)えたままメールを出(だ)してしまうことがあるからです。このようなメールについて、ちょっと調(しら)べてみました。

 ・「よい終末(しゅうまつ)を!」 本当(ほんとう)は、(よい週末(しゅうまつ)を!)と打(う)ちたかったんでしょ うね。 他(ほか)にも、 ・「これから、紙切(かみき)ります/噛(か)み切(き)ります
(これから、髪切(かみき)ります)
・「しいたけ、夜祭室(よまつりしつ?/やさいしつ?)にあるからね」
(しいたけ、野菜室(やさいしつ)にあるからね)
・「大学卒業(だいがくそつぎょう)したら、一緒(いっしょ)に相撲(すもう)
(大学卒業したら、一緒に住(す)もう
・「添付(てんぷ)の死霊(しりょう)をご確認(かくにん)ください」
(添付の資料(しりょう)をご確認ください)
・「今(いま)、どこにいる?」「イマジンじゃ」(今、神社(じんじゃ)

 これらは、実際(じっさい)にあったという漢字(かんじ)の変換(へんかん)ミスによる間違(まちが)いです。ひらがな・カタカナ・漢字(かんじ)を使(つか)う日本語(にほんご)ならではの間違(まちがいですね。

 ・「朝食(ちょうしょく)、シリアスにする?」(朝食、シリアルにする?」
・「あと少(すこ)しどつくよ」(あと少しで着(つ)くよ)
・「待(ま)ち合(あ)わせ場所(ばしょ)は洗濯機(せんたっき)」
(待ち合わせ場所はケンタッキー(フライドチキン)の店(みせ))
・「最後(さいご)に、まじん (ぎ)りした万能(ばんのう)ネギをのせて出来上(できあ) がり」
(最後に、みじん切(ぎ)りした万能ネギをのせて出来上がり)

これらは打(う)ち間違(まちが)いに気(き)づかないまま送信(そうしん)した文章(ぶんしょう)だそうです。思(おも)わず笑(わら)ってしまいますね。

こうした間違(まちが)いは、調(しら)べるとたくさん出(で)てきます。中(なか)でも、メールに慣(な)れていない世代(せだい)のお母(かあ)さんたち、おかんが打(う)つ「おかんメール」は、本(ほん)になって出版(しゅっぱん)までされています。今日(きょう)取(と)り上(あ)げたものの多(おお)くは、「おかんメール」からで、他(ほか)にもいろいろなおもしろいメールが紹介(しょうかい)されています。

わたしも、「おかんメール」と打(う)ったつもりが、「悪寒(おかん)メール」と変換(へんかん)されてしまいました。おもしろいので、このブログのタイトルにしました。みなさんも日本語(にほんご)でメールを打(う)つ時(とき)は気(き)をつけてくださいね!

Chilled email(?)

Do you ever write emails in Japanese? I have the chance to write emails in Japanese every day, but I am very careful when doing it, especially when I am tired. This is because, when you are spacing out, you can convert the wrong Kanji character or hit the wrong key and then end up sending an email with the typos. I looked up examples of emails like this.

“Have a nice end of the world!” (actually, they wanted to type “Have a nice weekend!” There are more.
“I am going to go and cut some paper/cut my teeth.” (Should be, “I am going to cut my hair”).
“I have some mushrooms in the night ceremony room” – (Should say, “I have some mushrooms in the refrigerator vegetable drawer”)
“When you graduate from university, let’s Sumo wrestle together” – (Should be, “When you graduate from university, let’s live together”)
“Please check through the attached departed soul” - (Should be, “Please check through the attached document”)
“Where are you now?” “Imagine!” – (Which should be, “I am at a shrine now”).  

These above are actual mistakes made in converting the wrong Kanji. And they are mistakes that can be made since Japanese uses Hiragana, Katakana, and Kanji, right?  

“Do you want to be serious for breakfast?” (They wanted to type “cereal”)
“I’m going to punch you soon.” (The phrase should be, “I’ll be arriving soon”)
“The meeting place is the washing machine” (They wanted to say, “We’re meeting at the KFC”).
“Finally sprinkle some spring onions cut by a genie on top to finish” (Which meant, “Finally sprinkle some minced spring onions on top to finish”  

These sentences with these typos were apparently sent out without realizing. It makes me burst out laughing.

If you look up mistakes like this, you can find lots of them. And among them are emails sent by mums of a generation that is not used to using email. [These people are] jokingly called ‘Okan’ [in the Osaka dialect]. And there was a book published about these ‘Okan’ emails. Most of the email mistakes I showed today come from these ‘Okan’ emails book and it has a lot of other funny emails in it.

I also did the same thing! I wanted to write ‘Okan’ emails but the computer changed the Kanji and it came out as ‘chilled’ emails. It was funny so I kept it as the title of this blog. When you are writing emails in Japanese, please be careful!

◆悪寒(おかん): chill

◆(~に)変換(へんかん)される: be converted into~

◆打(う)ち間違(まちが)い: typographical error; typo

◆終末(しゅうまつ): the end of the world

◆(~を)噛(か)み (き)る: bite~ off

◆死霊(しりょう): spirit of the dead; departed soul

◆イマジン: 英語の”imagine”をカタカナにしたもの

◆(~を)どつく(ど突く): hit~; punch~; jab~

◆まじん(魔神): genie

◆(~を)みじん切(ぎ)りにする: chop into~ fine pieces

◆おかん: 大阪弁(おおさかべん:Osaka dialect)で”お母さん”のこと。

ueno

Hajimemashite everyone ! My name is Akari Ueno.
I live in Tokyo with my husband and daughter. I have had the experience of living in Hokkaido, Yokohama and Singapore.
I studied History in university, so I love touring around historical ruins. When I was younger, I went to see the Great Pyramids and Borobudur in Indonesia, but now I merely tour around the neighborhood parks with my daughter. I dream of touring around the world's famous ruins with my daughter one day.

When I study languages, one English phrase always comes to mind, "Use it, or lose it". I used to be scared of making mistakes, so even when I learned new vocabulary, I didn't use it. But after learning this English phrase from a friend, I started to use the vocabulary and terms I'd learned without fear of making mistakes.

Try to use your newly learned vocabulary and phrases all the time in the lessons. Looking forward to meeting you all in class !

Start 3 Trial FlexLessons for only $9 !

Last modified on

Comments

  • No comments made yet. Be the first to submit a comment

Leave your comment

Guest Tuesday, 27 October 2020