Blogs edited and submitted by Chiho Kamioka

JOI Support staff and manager.

  • Categories
    Categories Displays a list of categories from this blog.

The Bullet Train Comes to Hokkaido

Posted by on in Japanese travel
  • Font size: Larger Smaller
  • Hits: 1971
  • 0 Comments
  • Subscribe to this entry
  • Print

Bullet train (or Shinkansen) rail system in Japan

The Bullet Train or Shinkansen is the high-speed railway system that connects all corners of Japan. Well, almost all corners ! Some parts of Japan do not have Shinkansen lines connecting them to the other parts of the country.

Itaya sensei, one of JOI's professional Japanese teachers, lives in Hokkaido, which is one area of Japan that does not have a Bullet Train line. But this is about to change …

Read this Japanese language blog, which has a YouTube video to help you learn Japanese for free online and also some Kanji learning hints, and an English translation.

レールつながった
The Bullet Train Comes to Hokkaido

itaya

By ITAYA Sayuri

「レール つながった」 これは 私が 毎日 購読している 北海道新聞の、11月2日の 一面見出しです。皆さんには 何のことか わからないと 思います。しかし、北海道民には 一つの 夢が かなう 第一歩の 大きなニュースと なりました。

Bullet train rail system in Hokkaido

というのも、私が 住んでいる この北海道には、残念ながら、未だに、日本が誇る 高速鉄道、「新幹線」が 通っていないのです。本州へ 行きたければ、飛行機に乗る、または特急電車で 長い時間をかけて 行くしかありません。ですから 北海道民には「新幹線」は あこがれの 乗り物でした。早く 新幹線に乗って 東京へ行ってみたい、と 誰もが 思っています。

本州と 北海道を 結ぶ海底の「青函トンネル」は 1988年に 完成していて、新幹線が北海道にも やってくる準備ずいぶん前に できていました。

The Seikan Tunnel

そして、ようやくこの11月1日、本州最北端の駅 「新青森」から 北海道最南端の駅「新函館北斗」を つなぐ「レール締結式」が 行われ、ようやく 鹿児島から 北海道まで 新幹線の線路=レール が つながった、というわけです。

Bullet train or Shinkansen

これから 試験運転が 行われ、新青森駅~新函館北斗は 2016年3月に 開業予定だ そうです。今までより もっと 皆さんが 北海道に 来やすくなりそうですね。

hokkaido map

しかし、私が住む札幌まで 新幹線が 来られるようになるのは 2035年の 予定だそうですので、その頃、私は おばあちゃんに なっていますね。長生きしなきゃ!

興味のある方はこちらのサイトを見てください。易しい日本語で説明されています。 「北海道新幹線がやってくる

itaya-blog-14-11-5

To listen to this blog, please watch our Youtube video. 

レールつながった

「レール つながった」 これは 私(わたし)が 毎日(まいにち)購読(こうどく)している 北海道(ほっかいどう)新聞(しんぶん)の、11月(がつ)2日(ふつか)の 一面(いちめん)見出(みだ)しです。 皆(みな)さんには 何(なん)のことか わからないと 思(おも)います。しかし、北海道民(ほっかいどうみん)には 一つ(ひとつ)の 夢(ゆめ)がかなう 第一歩(だいいっぽ)の 大(おお)きなニュースと なりました。

というのも、私(わたし)が 住(す)んでいる この北海道(ほっかいどう)には、残念(ざんねん)ながら、未(いま)だに、日本(にほん)が 誇(ほこ)る高速鉄道(こうそくてつどう)、「新幹線(しんかんせん)」が 通(とお)っていないのです。本州(ほんしゅう)へ 行(い)きたければ、飛行機(ひこうき)に 乗(の)る、または 特急列車(とっきゅうれっしゃ)で 長(なが)い時間(じかん)をかけて 行(い)くしか ありません。ですから 北海道民(ほっかいどうみん)には 「新幹線(しんかんせん)」は あこがれの乗(の)り物(もの)でした。早(はや)く 新幹線(しんかんせん)に 乗(の)って 東京(とうきょう)へ 行(い)ってみたい、と 誰(だれ)もが 思(おも)っています。

本州(ほんしゅう)と 北海道(ほっかいどう)を 結(むす)ぶ 海底(かいてい)の「青函(せいかん)トンネル」は1988年に 完成(かんせい)していて、新幹線(しんかんせん)が 北海道(ほっかいどう)に やってくる準備(じゅんび)は ずいぶん前(まえ)に できていました。

そして、ようやく  この11月1日、本州(ほんしゅう)最北端(さいほくたん) の駅(えき)「新青森(しんあおもり)」から 北海道(ほっかいどう)最南端(さいなんたん) の駅(えき)「新函館北斗(しんはこだてほくと)」を つなぐ 「レール締結式(ていけつしき) 」が 行われ、これで 鹿児島(かごしま)から 北海道(ほっかいどう)まで 新幹線(しんかんせん)の線路(せんろ)=レール が つながった、と いうわけです。

これから 試験運転(しけんうんてん) が 行(おこな)われ、新青森駅(しんあおもりえき)~新函館北斗(しんはこだてほくと)間(かん) は 2016年3月に 開業(かいぎょう) 予定(よてい)だ そうです。今までより もっと 皆(みな)さんが 北海道(ほっかいどう)に 来(き)やすく なりそうですね。

しかし、私(わたし)が住(す)む札幌(さっぽろ)まで 新幹線(しんかんせん)が 来(こ)られるようになるのは 2035年(ねん)の予定(よてい)だ そうですので、その頃(ころ)、私(わたし)は おばあちゃんに なっていますね。長生(ながい)き しなきゃ!

興味(きょうみ)のある方(かた)はこちらのサイトを見(み)てください。 易(やさ)しい日本語(にほんご)で説明(せつめい)されています。 「北海道(ほっかいどう)新幹線(しんかんせん)がやってくる」 

The Bullet Train Comes to Hokkaido

This is was November 2nd the front page headline of the Hokkaido News newspaper that I subscribe to. I guess you'll all have no idea what its about. But for Hokkaido's citizens it is the first big step towards a dream coming true and it was huge news for us.

It is about the fact that the Shinkansen, the high-speed rail service that Japan is so proud of, unfortunately still does not go through Hokkaido, where I live. So if you want to travel to Honshu, the only way to get there is to either take an airplane or travel there by express train, which takes a long time. So for Hokkaido's citizens, the Bullet Train is a mode of transport that we yearn for. Everyone thinks that they would like to get onto a Shinkansen and travel down to Tokyo soon.

The Seikan Tunnel, which is the undersea tunnel that links Hokkaido to Honshu was completed in 1988, so the preparations to bring the Shinkansen to Hokkaido were made extremely long ago.

And so finally on November 1st a ceremony was held to connect the rails between the northernmost station in Honshu, Shin Aomori Station, to the southernmost station in Hokkaido, Shin Hakodate Hokuto Station, and so this means that the Bullet Train's rail line has now been connected from Kagoshima up to Hokkaido.

Now they are going to conduct a series of test runs and then the route between Shin Aomori and Shin Hakodate Hokuto Station is planned to be opened in March of 2016.

It is thought that this is going to make it easier for people to come to Hokkaido than before.

However, the Shinkansen is planning to be brought to Sapporo, where I live, in 2035. I will be an old woman by then. I have to live long !

If you are interested in more about this topic, please see this site. It is explained in easy to understand Japanese. “ The Bullet Train Comes to Hokkaido”.

つながる 《繋がる》: to be connected to; to be related to

購読(こうどく): paid subscription

一面(いちめん): front page (e.g. newspaper)

見出し(みだし): headword

北海道民 (ほっかいどうみん):  Citizen of Hokkaido

夢(ゆめ)がかなう: dreams come true

第一歩(だいいっぽ): first step

残念(ざんねん)ながら: unfortunately

誇(ほこ)る: to be proud of

高速鉄道 (こうそくてつどう): high-speed rail

新幹線 (しんかんせん): Shinkansen; bullet train

本州 (ほんしゅう): Honshu (largest of the four main islands of Japan)

特急列車(とっきゅうれっしゃ): limited express train

あこがれ: yearning; longing

結ぶ (むすぶ) ] to link

海底 (かいてい): bottom of the ocean

トンネル : tunnel

完成 (かんせい): complete; completion

やって来る(やってくる): to come along; to come around

準備 (じゅんび) : preparation

ずいぶん: very; extremely

ようやく : finally; at last

最北端(さいほくたん): northernmost tip

最南端(さいなんたん): southernmost tip

締結 (ていけつ) : fastening (as in a joint)

式 (しき) : ceremony

試験運転 (しけんうんてん):  test run

間 (かん) : among; between

開業 (かいぎょう): opening a business

その頃(そのころ) : at that time; in those days

長生き (ながいき): longevity; long life

興味(きょうみ):  interest (in something)

説明(せつめい): explanation

Last modified on

Comments

  • No comments made yet. Be the first to submit a comment

Leave your comment

Guest Friday, 09 December 2016