Blogs edited and submitted by Chiho Kamioka

JOI Support staff and manager.

  • Categories
    Categories Displays a list of categories from this blog.

Cold Hands

Posted by on in Teachers' stories
  • Font size: Larger Smaller
  • Hits: 152
  • 0 Comments
  • Subscribe to this entry
  • Print

A scary story

There are a number of scary stories in Japan, and Imoto sensei has introduced one of her own experiences in this week's blog.

Her recommendation for how to read this story is, if you find any words you do not understand, do not worry about it too much, continue reading. We have only added the minimum necessary vocabulary with the intention of having you read the flow of the story. Please try to read through the story with the minimum of vocabulary checks and see if you can follow the tale this way.

The making and reading of the video was also done by Imoto sensei too, so please listen to the way she tells about her experience and practice your Japanese listening.

冷たい手
Cold Hands

imoto

By IMOTO Rie

cold-hands

その夜、私は一人暮らしの友人の家に泊まっていました。私はリビングのソファーで眠り、友人はリビングの奥の部屋で寝ていました。月の光の明るい夜でした。

夜中、かすかな足音で目を覚ましました。足音は、ゆっくりと玄関のほうからリビングに近づいてきます。私は、友人がトイレに起きて、部屋に戻るところなのだろうと思いました。
しかし、その足音は、私のほうに近づいてきます。私は、友人が私の様子を見に来たんだなと思い、横を向いて寝ているふりをしました
足音は私の顔のすぐ横で止まりました。人の気配がします

突然、にとても冷たいものを感じました。まるで、氷を頬に押しつけられたようでした。あまりの冷たさに、私はびっくりして目を開けました。
冷たいもの、それは手でした。とても冷たい友人の手――いいえ、友人ではありません。それは知らない男の人でした!青白く、鼻筋の通った長い顔、細い目。私を見ながら悲しそうに微笑んでいます。私は直感で、これは幽霊だ!と思いました。

すると幽霊が私に話しかけました。
「大丈夫、大丈夫。」

その言葉は、この幽霊の口から発せられたのではなく、また、私の耳から聞こえたわけではありません。直接、私の頭の中で聞こえたのです。うまく説明できませんが、いわゆる「テレパシー」というやつでしょうか。
私は、慌てて布団をかぶりました。そして「どっか行け!消えろ、消えろ!」と布団の中で念じました。幽霊は、なおもテレパシーで何か話しかけてきます。しかし私は混乱していたので、幽霊の言葉などまったく聞いていませんでした。

そうこうしているうちに、急にあたりが静かになりました。私はまだ布団をかぶったままです。 その時、「大丈夫なのに・・・」という声が頭の中で聞こえました。そしてまた静かになりました。

少し時間をおいて、私は恐る恐る布団から顔を出しました。月の光が白い壁に反射しています。部屋の中を見渡しましたが、幽霊の姿はもうありませんでした。とても静かで、奥の部屋から友人の寝息が聞こえてくるばかりです。

朝、友人に幽霊のことを話しましたが、友人は「もう、そんな話、やめてよ!」と言って、聞こうとしませんでした。

果たして、あの幽霊は現実だったのでしょうか、それともだったのでしょうか。私に何を伝えたかったのでしょうか。あれからずいぶん経ちましたが、あの冷たい手と悲しそうな微笑みが今でも忘れられません。

To listen to this blog, please watch our Youtube video. 

冷(つめ)たい手(て)

その夜(よる)、私(わたし)は一人(ひとり)暮(ぐ)らしの友人(ゆうじん)の家(いえ)に泊(と)まっていました。私(わたし)はリビングのソファーで眠(ねむ)り、友人(ゆうじん)はリビングの奥(おく)の部屋(へや)で寝(ね)ていました。月(つき)の光(ひかり)の明(あか)るい夜(よる)でした。

夜中(よなか)、かすかな足音(あしおと)で目(め)を覚(さ)ましました。足音(あしおと)は、ゆっくりと玄関(げんかん)のほうからリビングに近(ちか)づいてきます。私(わたし)は、友人(ゆうじん)がトイレに起(お)きて、部屋(へや)に戻(もど)るところなのだろうと思(おも)いました。しかし、その足音(あしおと)は、私(わたし)のほうに近(ちか)づいてきます。私(わたし)は、友人(ゆうじん)が私(わたし)の様子(ようす)を見(み)に来(き)たんだなと思(おも)い、横(よこ)を向(む)いて寝(ね)ているふりをしました
足音(あしおと)は私(わたし)の顔(かお)のすぐ横(よこ)で止(と)まりました。人(ひと)の気配(けはい)がします。

突然(とつぜん)、頬(ほお)にとても冷(つめ)たいものを感(かん)じました。まるで、氷(こおり)を頬(ほお)に押(お)しつけられたようでした。あまりの冷(つめ)たさに、私(わたし)はびっくりして目(め)を開(あ)けました。
冷(つめ)たいもの、それは手(て)でした。とても冷(つめ)たい友人(ゆうじん)の手(て)――いいえ、友人(ゆうじん)ではありません。それは知(し)らない男(おとこ)の人(ひと)でした!青白(あおじろ)く、鼻筋(はなすじ)の通(とお)った長(なが)い顔(かお)、細(ほそ)い目(め)。私(わたし)を見(み)ながら悲(かな)しそうに微笑(ほほえ)んでいます。私(わたし)は直感(ちょっかん)で、これは幽霊(ゆうれい)だ!と思(おも)いました。

すると幽霊(ゆうれい)が私(わたし)に話(はな)しかけました。
「大丈夫(だいじょうぶ)、大丈夫(だいじょうぶ)。」

その言葉(ことば)は、この幽霊(ゆうれい)の口(くち)から発(はっ)せられたのではなく、また、私(わたし)の耳(みみ)から聞(き)こえたわけではありません。直接(ちょくせつ)、私(わたし)の頭(あたま)の中(なか)で聞(き)こえたのです。うまく説明(せつめい)できませんが、いわゆる「テレパシー」というやつでしょうか。
私(わたし)は、慌(あわ)てて布団(ふとん)をかぶりました。そして「どっか行(い)け!消(き)えろ、消(き)えろ!」と布団(ふとん)の中(なか)で念(ねん)じました。幽霊(ゆうれい)は、なおもテレパシーで何(なに)か話(はな)しかけてきます。しかし私(わたし)は混乱(こんらん)していたので、幽霊(ゆうれい)が何(なに)を言(い)っているのか、まったく聞(き)いていませんでした。

そうこうしているうちに、急(きゅう)にあたりが静(しず)かになりました。私(わたし)はまだ布団(ふとん)をかぶったままです。
その時(とき)、「大丈夫(だいじょうぶ)なのに・・・」という声(こえ)が頭(あたま)の中(なか)で聞(き)こえました。そしてまた、静(しず)かになりました。

少(すこ)し時間(じかん)をおいて、私(わたし)は恐(おそ)る恐(おそ)る布団(ふとん)から顔(かお)を出(だ)しました。月(つき)の光(ひかり)が白(しろ)い壁(かべ)に反射(はんしゃ)しています。部屋(へや)の中(なか)を見渡(みわた)しましたが、幽霊(ゆうれい)の姿(すがた)はもうありませんでした。とても静(しず)かで、奥(おく)の部屋(へや)から友人(ゆうじん)の寝息(ねいき)が聞(き)こえてくるばかりです。

朝(あさ)、友人(ゆうじん)に幽霊(ゆうれい)のことを話(はな)しましたが、友人(ゆうじん)は「もう、そんな話(はなし)、やめてよ!」と言(い)って、聞(き)こうとしませんでした。

果(は)たして、あの幽霊(ゆうれい)は現実(げんじつ)だったのでしょうか、それとも幻(まぼろし)だったのでしょうか。私(わたし)に何(なに)を伝(つた)えたかったのでしょうか。あれからずいぶん経(た)ちましたが、あの冷(つめ)たい手(て)と悲(かな)しそうな微笑(ほほえ)みが今(いま)でも忘(わす)れられません。

Cold Hands

That night I was staying over at my friend's house who was living alone. I was sleeping on the living room sofa and my friend was sleeping the room at the end of the living room. It was a night with a bright moon.

In the middle of the night, I was woken up by a sound of faint footsteps. The footsteps were making their way slowly from the direction of the hallway towards the living room. I thought that my friend had gone to the toilet and was on her way back to her room.

However, the footsteps came closer to me. I thought that it must be my friend coming to check in on me, so I turned to my side and pretended to be sleeping. The footsteps stopped right next to my head. I felt the presence of someone.

Suddenly, I felt something really cold on my cheek. It felt just as if someone had pressed some ice onto my cheek. It was so cold that I was shocked and opened my eyes. The cold things were hands. Were they my friend's really cold hands – no, they were not my friend's hands. They were an unknown man's hands !He was bluish white, with a long face and chiselled nose, and had thin eyes. I smiled a sad looking smile while looking at me. I instinctively thought, “It's a ghost!”

Then the ghost spoke to me, “It's alright. It's alright.”

These words did not come from the ghost's mouth, and I didn't hear them with my ears. I heard them directly in my head. I cannot explain it well, but it might be something like what people call 'telepathy'. I quickly pulled my bedsheets over my head. Then I prayed “Go away! Disappear ! Disappear!”under the covers. And the ghost still continued to say something. But I was so confused that I couldn't hear what the ghost was saying at all. While doing this, suddenly it became quiet all around. Then I heard a voice in my head say, “It's all right”. And then everything went quiet.

After a while, I timidly poked my head out from the bed covers. The moonlight reflected on the white wall. I looked around the room, but I couldn't see the ghost's figure anywhere. Everything was really quiet and I could hear the sound of my friend sleeping in the far room.

In the morning, I tried to talk about the ghost with my friend, but she said, “Oh stop talking about that sort of thing !” and she wouldn't even hear about it.

But was that ghost real or was it a dream ? What was it trying to tell me ? A long time has passed since then, but I cannot forget those cold hands and that sad smile.

かすかな faint

玄関(げんかん) entrance

ふりをする pretend to

気配(けはい)がする feel the presence of

頬(ほお) cheek

鼻筋(はなすじ)の通(とお)った with a shapely nose

微笑(ほほえ)む smile

幽霊(ゆうれい) ghost

布団(ふとん)をかぶる pull one's bedclothes over one's head

念(ねん)じる have in mind, wish, pray

混乱(こんらん)する be confused

反射(はんしゃ)する reflect

見渡(みわた)す look out over

寝息(ねいき) breathing (sounds) of a sleeping person

現実(げんじつ) reality,

幻(まぼろし) illusions, dream

imoto

Mina sama Konnichiwa ! My name is Rie Imoto. I live in Nara city with my husband and daughter. Nara city is the oldest capital of Japan and there still a lot of nature remaining from the old days.

I love photography, and always walk with my camera and enjoy taking pictures of flowers, the sky, mountains, and nature. I also like running. I often run around my neighborhood. I sometimes participate in marathons. When I run, it refreshes both my mind and body and I can spend the time energetically.

When I was a child, I was very interested in foreign cultures and so, because it was in the age before the Internet, I used to enjoy exchanging letters with many people from different countries. I am so glad that we can connect with people all over the world now using the Internet. I am really looking forward to teaching you Japanese and to hear about your stories in Japanese. Yoroshiku onegaishimasu.

Start 3 Trial FlexLessons for only $9 !

Last modified on

Comments

  • No comments made yet. Be the first to submit a comment

Leave your comment

Guest Friday, 20 October 2017