Blogs edited and submitted by Chiho Kamioka

JOI Support staff and manager.

  • Categories
    Categories Displays a list of categories from this blog.

The Akashi Kaikyo Ohashi bridge

Posted by on in Japanese travel
  • Font size: Larger Smaller
  • Hits: 647
  • 0 Comments
  • Subscribe to this entry
  • Print

Japanese bridges

Japan is well known for its bridge building expertise. There are a number of very large, architectural wonders among the bridges of Japan which are generally made with steel and concrete.

There are also many traditional bridges made from stone. And there are of course the iconic bridges found in Japanese gardens. For bridge enthusiasts, it is a wonderful country to explore.

In this blog by Kinoi sensei of JOI online Japanese school, she introduces one of the most loved bridges in Japan.

明石海峡大橋
The Akashi Kaikyo Ohashi bridge

kinoi

By KINOI Rie

akashi bridge

2月に兵庫県の淡路島に行きました。 淡路島へは明石海峡大橋を渡って行きます。明石海峡大橋の長さは3,911mあります。吊り橋としては世界で一番長いらしいです。高さは298.3mあります。東京タワー(332.6m)と同じくらいです。1本のケーブルの直径は112.2cmで、36830本のワイヤーを使っているそうです。こんなに大きくて、重いものを吊っているのですから、ケーブルも太くて強いものなんですね。

ここには、橋を見学するツアーがあります。 そのツアーでは、橋の一番上まで登ることができます。気持ちがいいかもしれませんが、東京タワーと同じぐらいの高さがあるので、ちょっとこわいですね。 東京タワーからは都会景色が見られますが、この橋からは神戸や明石の町だけではなく、橋全体や海や山や淡路島など、360度いろんな景色を楽しむことができます。 車が通る道路の下も歩くこともできます。海からの高さ50mです。足の下に船を見られるかもしれません。このツアーは建築に興味がある人や、絶景を見たい人、おもしろい体験をしたい人などにおすすめです。

夜になると、イルミネーションがとてもきれいです。 また、天気がいいと、遠くからでもこの橋が見えます。兵庫県の南側のJR や阪神電車からも見えます。この橋は渡るだけではなく、いろいろと楽しむことができるのです。

正直、あまり橋に関心はありませんでした。でも、いろいろ調べてみると、おもしろいと思いました。建築物としても、とてもおもしろいし、見る楽しみもあります。橋を見て楽しむ。橋から見て楽しむ。 次はツアーに参加してみたいです。

To listen to this blog, please watch our Youtube video.

明石(あかし)海峡(かいきょう)大橋

2月(がつ)に兵庫(ひょうご)県(けん)の淡路(あわじ)島(しま)に行(い)きました。 淡路(あわじ)島(しま)へは明石(あかし)海峡(かいきょう)大橋(おおはし)を渡(わた)って行(い)きます。明石(あかし)海峡(かいきょう)大橋(おおはし)の長(なが)さは3,911mあります。吊(つ)り橋(ばし)としては世界(せかい)で一番(いちばん)長(なが)いらしいです。高(たか)さは298.3mあります。東京(とうきょう)タワー(332.6m)と同(おな)じくらいです。1本(ぽん)のケーブルの直径(ちょっけい)は112.2cmで、36830本(ぽん)のワイヤーを使(つか)っているそうです。こんなに大(おお)きくて、重(おも)いものを吊(つ)っているのですから、ケーブルも太(ふと)くて強(つよ)いものなんですね。

ここには、橋(はし)を見学(けんがく)するツアーがあります。 そのツアーでは、橋(はし)の一番(いちばん)上(うえ)まで登(のぼ)ることができます。気(き)持(も)ちがいいかもしれませんが、東京(とうきょう)タワーと同(おな)じぐらいの高(たか)さがあるので、ちょっとこわいですね。 東京(とうきょう)タワーからは都会(とかい)景色(けしき)が見(み)られますが、この橋(はし)からは神戸(こうべ)や明石(あかし)の町(まち)だけではなく、橋(はし)全体(ぜんたい)や海(うみ)や山(やま)や淡路(あわじ)島(しま)など、360度(ど)いろんな景色(けしき)を楽(たの)しむことができます。 車(くるま)が通(とお)る道路(どうろ)の下(した)も歩(ある)くこともできます。海(うみ)からの高(たか)さ50mです。足(あし)の下(した)に船(ふね)を見(み)られるかもしれません。このツアーは建築(けんちく)に興味(きょうみ)がある人(ひと)や、絶景(ぜっけい)を見(み)たい人(ひと)、おもしろい体験(たいけん)をしたい人(ひと)などにおすすめです。

夜(よる)になると、イルミネーションがとてもきれいです。 また、天気(てんき)がいいと、遠(とお)くからでもこの橋(はし)が見(み)えます。兵庫(ひょうご)県(けん)の南(みなみ)側(がわ)のJRや阪神(はんしん)電車(でんしゃ)からも見(み)えます。この橋(はし)は渡(わた)るだけではなく、いろいろと楽(たの)しむことができるのです。

正直(しょうじき)、あまり橋(はし)に関心(かんしん)はありませんでした。でも、いろいろ調(しら)べてみると、おもしろいと思(おも)いました。建築物(けんちくぶつ)としても、とてもおもしろいし、見(み)る楽(たの)しみもあります。橋(はし)を見(み)て楽(たの)しむ。橋(はし)から見(み)て楽(たの)しむ。 次(つぎ)はツアーに参加(さんか)してみたいです。

The Akashi Kaikyo Ohashi bridge

In February, I went to Awaji Shima in Hyogo prefecture. You can get to Awaji Shima by crossing the The Akashi Kaikyo Ohashi bridge. The Akashi Kaikyo Ohashi bridge is 3,911 meters long. It is the longest suspension in the world. It is 298.8 meters high. That is about the same height as the Tokyo Tower (332.6 meters). The diameter of one cable is 1122cm using about 36830 wires per cable. The cables are this thick and strong because they are suspending such a large and heavy object.

Here you can take an observation tour of the bridge. On this tour, you can climb up to the very top of the bridge. It feels really nice, but because it is about the same height as the Tokyo Tower, it is also a little scary.

From Tokyo Tower you can see a view of the city, but from this bridge you can enjoy a 360 degree panoramic view where you can see not only the cities of Kobe and Akashi, but also the whole bridge, as well as the sea and mountains and Awaji Shima island. You can also walk under the road on which cars cross. It is 50 meters above the sea line. You might be able to see ships passing under your feet. I recommend this tour for people who are interested in construction, people who enjoy great views, and people who like to have interesting experiences.

At night time, the illumination is very beautiful. And on clear days, you can see this bridge from far away. You can see it from the JR and Hanshin trains in the southern part of Hyogo prefecture. This bridge is not just for crossing, it can be enjoyed in many different ways.

To tell the truth, I wasn't that interested in bridges. But after looking into it a bit, I began to find it interesting, As an architectural object it is very interesting, so you can enjoy just looking at it. You can enjoy looking at the bridge. And you can enjoy looking from the bridge.

吊(つ)り橋(ばし)suspension bridge

として as

直径(ちょっけい)diameter

吊(つ)るto hang; to suspend

見学(けんがく)するツアーfield trip; observation tour

都会(とかい)city

景色(けしき)scenery; landscape

だけではなく not only …but also

建築(けんちく)construction; architecture

絶景(ぜっけい)superb view; picturesque scenery

イルミネーションillumination

kinoi

Hajimemashite, my name is Rie Kinoi. Do you know Sumo ? I love Sumo. Currently, there are many foreign Sumo wrestlers and they call speak Japanese really well. I often think that I would love to teach people to speak Japanese as naturally as they do.
I also love to travel. And I am fascinated by air, scenery, lifestyle, culture and of course languages of places that I am not familiar with. Japan has a lot of wonderful places to visit too, I'd like to introduce these to you.
Well now, you all must have various reasons and goals to study Japanese. I would like to lend support to you and help you succeed in achieving those goals. In my lessons, I will teach not only in an interesting and fun way, but also guide you to absorb a number of different topics. Lets do well together !

Start 3 Trial FlexLessons for only $9 !

Last modified on

Comments

  • No comments made yet. Be the first to submit a comment

Leave your comment

Guest Saturday, 10 December 2016