Igarashi sensei, one of JOI's online Japanese teachers, explains the basics of drinking Japanese sake or Nihon Shu. From the uninitiated up to the seasoned drinker, there is something here for every Japanese learner.

Watch the free YouTube video to improve your Japanese listening, read the blog to improve your Japanese learning and check the different versions to improve your Japanese vocabulary !

日本酒
Japanese Sake

igarashi

By IGARASHI Maki

sake

ワインにも色々なタイプがあるよう に、日本酒にもたくさんの種類があり、そのお酒によってお勧めの飲み方があります。 温めて飲むことを「熱燗」、常温で飲むことを「ひや」、冷たく冷やし たものを「冷酒」と言います。日本酒を飲み慣れていない方が一番飲みやすいのは冷酒です。

日本酒には大きく分けて3つのタイプがあります。吟醸酒、純米酒、本醸造酒です。 この中で吟醸酒は冷酒でよく飲まれています。吟醸酒というのは、原料のお米を60%以下に精米して、低い温度でゆっくり醸造したお酒です。原料は米なのに、かすかに花やフルーツのような香りがするのは不思議ですし、お酒を飲む楽しみの一つでもあります。

日本酒を初めて飲むなら、ちょっと奮発してフルーティーな吟醸酒を冷やして飲むことをお勧めしますが、日本酒をラベルだけで選ぶのは難しいですね。もし買う機会があったら、 「香りが良くて飲みやすいものはどれですか。」とお店の方に聞いてみるといいかもしれません。最近ではスパークリングの日本酒もきれいなボトルで売られていて、こちらもお勧めです。

飲み慣れてくると、味の好みも変わります。若いころは飲めなかった熱燗が、今では私の冬の定番です。焼き魚に熱燗も最高ですよ!

To listen to this blog, please watch our Youtube video.

 

ワインにも色々(いろいろ)なタイプ があるように、日本酒(にほんしゅ)にもたくさんの種類(しゅるい)があり、そのお酒(さけ)によってお勧(すす)めの飲(の)み方(かた)があります。 温(あたた)めて飲(の)むことを「熱燗(あつかん)」、常温(じょうおん)で飲(の)むことを「ひや」、冷(つ め)たく冷(ひ)やしたものを「冷酒(れいしゅ)」と言(い)います。日本酒(に ほんしゅ)を飲(の)み慣(な)れていない方(かた)が一番(いちばん)飲(の)みやすいのは冷酒(れいしゅ)です。

日本酒(にほんしゅ)には大(おお)きく分(わ)けて3つのタイプがあります。吟醸酒(ぎんじょうしゅ)、純米酒(じゅんまいしゅ)、本醸造酒(ほんじょうぞう しゅ)です。この中(なか)で吟醸酒(ぎんじょうしゅ)は冷酒(れいしゅ)でよく 飲(の)まれています。吟醸酒(ぎんじょうしゅ)というのは、原料(げんりょう)のお米(こめ)を60%以下(いか)に精米(せいまい)し て、低(ひく)い温度(おんど)でゆっくり醸造(じょうぞう)したお酒(さけ)です。原料(げん りょう)は米(こめ)なのに、かすかに花(はな)やフルーツのような香(かお)り がするのは不思議(ふしぎ)ですし、お酒(さけ)を飲(の)む楽(たの)しみの一 (ひと)つでもあります。

日本酒(にほんしゅ)を初(はじ)めて飲(の)むなら、ちょっと奮発(ふんぱつ)してフルーティーな吟醸酒(ぎんじょうしゅ)を冷(ひ)やして飲(の)むことをお勧(すす)めしますが、日本酒(にほ んしゅ)をラベルだけで選(えら)ぶのは難(むずか)しいですね。もし飲(の)む 機会(きかい)があったら、「香(かお)りが良(よ)くて飲(の)みやすいものは どれですか。」とお店(みせ)の方(かた)に聞(き)いてみるといいかもしれませ ん。最近(さいきん)ではスパークリングの日本酒(にほんしゅ)もきれいなボトル で売(う)られていて、こちらもお勧(すす)めです。

飲(の)み慣(な)れてくると、味(あじ)の好(この)みも変(か)わります。若 (わか)いころは飲(の)めなかった熱燗(あつかん)が、今(いま)では私(わた し)の冬(ふゆ)の定番(ていばん)です。焼(や)き魚(ざかな)に熱燗(あつかん)も最高(さいこう)ですよ!

Japanese Sake

Just as there are many types of wine, there are many kinds of Japanese sake (or Nihon Shu) and depending on the sake there are recommended ways of drinking it. Heating up the sake and drinking it is known as "Atsu Kan", drinking sake at room temperature is known "Hiya" and chilling it down is known as "Rei Shu". For people who are not used to drinking Nihon Shu, the easiest way to drink it is "Rei Shu".

Nihon Shu is generally divided into 3 types. "Gin Jou Shu", "Jun Mai Shu"and "Hon Jou Zou Shu". The "Gin Jou Shu" type among these is often drunk as "Rei Shu". "Gin Jou Shu"is a sake that is brewed slowly at a low temperature after polishing the rice ingredients down to less than 60% . Although the ingredients are just rice, the faint flower-like and fruity scents are a mystery and are one of the pleasures one finds in drinking Nihon Shu.

When drinking Nihon Shu for the first time, I recommend that you chill down a fruity "Gin Jou Shu" and treat yourself, however selecting Nihon Shu from just looking at the label is quite difficult, isn't it. If you get a chance to drink some, it might be better to ask the shop staff, 'Which one is easy to drink and has a nice aroma ?' Recently, sparkling Nihon Shu in beautiful bottles is also on sale, I also recommend this type.

As you get used to drinking it, your tastes will come to change. For example, when I was young I couldn't drink "Atsu Kan" but it has become my standard drink during winters. "Atsu Kan" with grilled fish is splendid !

お勧(すす)め recommend

常温(じょうおん) normal temperature

原料(げんりょう) ingredient

精米(せいまい) cleaned [polished] rice

醸造(じょうぞう) brew

奮発(ふんぱつ) stand oneself [treat oneself to]

Start 3 Trial FlexLessons for only $9 !green

Almost 3000 Japanese learners since 2006 have studied at JOI !

OKProfessional Japanese teachers
OKReliable classroom (Windows,Mac,Linux,iPad,Android compatible)
OK18 Different of levels of classes (Conversation,Grammer,JLPT,Kanji etc)
OKFree chat events, Free video quizzes, Free audio and video blog